PostgreSQLリリース情報
バージョン リリース 説明
PostgreSQL8.1.4 2006-05-23 SQLインジェクション(CVE-2006-2313、CVE-2006-2314)に関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL8.0.8 2006-05-23 SQLインジェクション(CVE-2006-2313、CVE-2006-2314)に関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.4.13 2006-05-23 SQLインジェクション(CVE-2006-2313、CVE-2006-2314)に関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.3.15 2006-05-23 SQLインジェクション(CVE-2006-2313、CVE-2006-2314)に関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL8.1.3 2006-02-14 ユーザ権限に関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL8.0.7 2006-02-14 DoSに関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.4.12 2006-02-14 DoSに関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.3.14 2006-02-14 DoSに関するセキュリティフィックスのほか、様々な修正が行われています。
PostgreSQL8.1.2 2006-01-09 データ損失の可能性、DoS攻撃(Windowsのみ)に関する修正のほか、様々な修正が行われています。データ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL8.0.6 2006-01-09 データ損失の可能性、DoS攻撃(Windowsのみ)に関する修正のほか、様々な修正が行われています。データ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL7.4.11 2006-01-09 データ損失の可能性、DoS攻撃(Windowsのみ)に関する修正のほか、様々な修正が行われています。データ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL7.3.13 2006-01-09 データ損失の可能性、DoS攻撃(Windowsのみ)に関する修正のほか、様々な修正が行われています。移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL8.1.1 2005-12-12 データ破壊の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL8.0.5 2005-12-12 データ破壊の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.4.10 2005-12-12 データ破壊の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.3.12 2005-12-12 データ破壊の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL8.1.0 2005-11-08
  • データベースロール
  • 2相コミット
  • PL/PgSQLのIN/OUTパラメータ
  • マルチプロセッサ(SMP)環境における性能改善
  • Autovacuumの統合
  • 64ビット共有メモリ
  • 他RDBMS互換性のための関数
PostgreSQL8.0.4 2005-10-05
PostgreSQL7.4.9 2005-10-05
PostgreSQL7.3.11 2005-10-05
PostgreSQL8.0.3 2005-05-09 セキュリティに関する修正のほか、様々な修正が行われています。安全なデータ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL7.4.8 2005-05-09 セキュリティに関する修正のほか、様々な修正が行われています。安全なデータ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL7.3.10 2005-05-09 セキュリティに関する修正のほか、様々な修正が行われています。安全なデータ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL7.2.8 2005-05-09 セキュリティに関する修正のほか、様々な修正が行われています。安全なデータ移行に関してはリリースノートを参照してください。
PostgreSQL8.0.2 2005-04-07 8.0.1からのバグ修正が行われています
データの移行は必要ありません
PostgreSQL8.0.1 2005-01-31 8.0.0からのバグ修正がおこなわれています
データの移行は必要ありません
PostgreSQL8.0.0 2005-01-19
  • Windowsのネィティブサポート
  • セーブポイント
  • ポイント・イン・タイム・リカバリ
  • テーブルスペース
  • メモリとI/Oサブシステムの改善
PostgreSQL7.4.6 2004-10-22 データ損失の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.3.8 2004-10-22 データ損失の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.2.6 2004-10-22 データ損失の可能性に関する修正の他、様々な修正が行われています。
PostgreSQL7.4.5 2004-08-18 以下の2つの深刻なバグの修正のほか、様々なバグフィックスが行われています。
  • B-treeインデックスの同時挿入時にクラッシュする可能性を修正
  • クラッシュ時に、コミット済みのトランザクションが欠落する可能性を修正
PostgreSQL7.3.7 2004-08-18 クラッシュ時に、コミット済みのトランザクションが欠落する可能性を修正
PostgreSQL7.2.5 2004-08-18 クラッシュ時に、コミット済みのトランザクションが欠落する可能性を修正
PostgreSQL7.4.3 2004-06-14 様々なバグフィックスが行なわれています。
PostgreSQL7.4.2 2004-03-08 7.3.6で行なわれた修正に加え、様々なバグフィックスが行なわれています。
PostgreSQL7.3.6 2004-03-04 権限に関するセキュリティフィックスが行われています。
PostgreSQL7.4.1 2003-12-23
PostgreSQL7.3.5 2003-12-04
PostgreSQL7.4 2003-11-17
  • IN/NOT INを使った副問い合わせの高速化
  • hash処理の利用の範囲が広がり、GROUP BY、JOINの効率化などの改良がなされた
  • IPv6のサポート
  • SQL error codeの実装
  • Autovacuum toolの提供
PostgreSQL7.3.4 2003-07-29
PostgreSQL7.3.3 2003-05-22
PostgreSQL7.3.2 2003-02-04
PostgreSQL7.2.4 2003-01-30
PostgreSQL7.3.1 2002-12-18
PostgreSQL7.3 2002-11-28
  • SQL標準DOMAINの実装
  • SCHEMAの実装
  • ODBC、Perl、pgeasy、libpq++ などの標準インターフェースライブラリの開発が本体から切り離されGBorgへ移った
PostgreSQL7.2.3 2002-10-01
PostgreSQL7.2.2 2002-08-23
PostgreSQL7.2.1 2002-04-03
PostgreSQL7.2 2002-02-06
  • ロックしないVACUUM
  • オプティマイザの改良
  • SMP対応の強化
PostgreSQL7.1.3 2001-08-15
PostgreSQL7.1.2 2001-05-11
PostgreSQL7.1.1 2001-05-05
PostgreSQL7.1 2001-04-13
  • OUTER JOINの実装
  • WAL(Write Ahead Logging)の実装
  • UNICODE対応
PostgreSQL7.0.3 2000-11-11
PostgreSQL7.0.2 2000-06-05
PostgreSQL7.0.1 2000-06-01
PostgreSQL7.0 2000-05-08
PostgreSQL6.5.3 1999-10-13
  • pgaccess 0.98 の追加 (6.5.2 では pgaccess が抜けていた)
  • Windows NT 固有のバグ修正
  • 継承を使ったテーブルにルールが設定されている場合、pg_dumpで正しくダンプできないバグを修正
PostgreSQL6.5.2 1999-09-15
  • 非常に多くのレコードを更新、削除した後にvacuumをかけるとバックエンドのプロセスが巨大になる
  • Windows環境でマルチバイトオプションが有効のときにコンパイルできない
  • 削除したレコードはvacuumで掃除されるものの、インデックスの方はガーベジコレクションされない。6.5.2では、その領域が次のデータ追加で再利用されるようになった
  • トランザクションアボート時にインデックスが破壊される可能性があるバグを修正
PostgreSQL6.5.1 1999-07-15
  • 2GBを超えるテーブルへの対応
  • SELECT時の無駄なディスク書き込みの防止
  • geometry型で検索が出来ない
PostgreSQL6.5 1999-06-09

All Rights Reserved, Copyright (C) 1999-2006 Japan PostgreSQL User's Group
staff@postgresql.jp
$Id: release.html,v 1.42 2006/05/27 12:44:11 honda Exp $